30才からの結婚

厚生労働省 人口動態調査  2017年

  • 平均結婚年齢 男性31才・女性29才 徐々に上昇
  • 生涯独身率(2017年) 男性23%・女性14% 急上昇 (一生結婚しない割合で特に男性は4人に一人は独身のまま)
  • 結婚数 60万組 急激に減少
  • 離婚数 21万組 ほんの少し減少

① 現代日本の結婚の事情

  • 現代の結婚は91%位が恋愛結婚である。
  • 20才代が中心 お見合い結婚も34才位迄が限界線。
  • 下図青色部分 35才を越すと男女ともお見合いでも成婚率が低くなる 。(結婚全体の1~2%)
  • 下図の水色部分 男女とも非結婚化、晩婚化の傾向が強くなってきている。 (平均結婚年令:男性約29.4才・女性27.6才)
  • 2003年 最近の報道によると、都会の30代の4割が現在独身との事 。
  • 日本では毎年78万組位が結婚をして、26万組位が離婚している 。
  • お見合い結婚の場合の離婚率は、恋愛結婚に比べて非常に低い お見合いをして成婚に至るのは、14分の1であるとの事。 (14回お見合いをすると決まるかも・・・)
  • 「結婚したい」と考えて1年後に結婚した割合は5.6%。(厚生労働省 )
  • 誕生する子供が1組あたり約1.3人なので単純に計算しても人口は増えない傾向 。
  • 結納金、指輪、結婚式、新婚旅行等の総費用は地方で平均560万円。

② 結婚しない、出来ない男女が増えている理由

  • 特に若い男女は自分に合う相手を見つけたいと思っている。
  • 男女とも昔みたいに親、他人から薦められ押し付けられる事を嫌う。
  • 男女とも、特に女性が昔と違って自立しているので無理をして 結婚したいと思わない。
  • 昔の女性は仕事を持っていなかったので、結婚してから非常に我慢をしたが現代は離婚に対して抵抗感が少なくなってきている。
  • 女性の社会進出によって、女性が原因の離婚も増える傾向にある。
  • 離婚者も直ぐに再婚する人はいるが、同じ離婚の経験をしたくないと思う方が多い。
  • 離婚してお子さんがいる女性には、少しだが公的な補助がある。
  • 現代の女性は会話の楽しい相手を望むので、無口な男性は敬遠される傾向にある。
  • 昔と違って、お互いに愛情表現が出来ない、しない人は好かれない傾向。
  • 身長の低い男性は敬遠される傾向にある。
  • 都市部以外(不便な所)は極端に嫌われる。
  • 農村部の長男(後継者)は敬遠される。(10人のうち3人位が独身)
  • 女性は結婚後も仕事をしたい。
  • 女性は男性の親との同居を嫌う。
  • 年とともに相手を見る眼が肥えてきて、相手の欠点が見え過ぎる。
  • 38才前後になると、男女とも結婚してからお子さんが二十歳の時の自分の年令を考える。
  • 結婚をしたくない女性が増えていると言われていますが、一生結婚しないと考えている女性は5%に過ぎない。
  • 男女とも仕事の複雑化、時間帯の広範囲化により交際のタイミングが合わない。

③ 未婚者(独身者)の年代別考え方

  • 20才代・・まだまだ余裕?
  • 30才代・・誕生日を迎えると少し自分の結婚を真剣に考える。
  • 35才前後・・自分の周囲にも独身者が多くいるので、周りの人が思うほどあせってはいない。
  • 40才・・家族、友人等に時々結婚をしない旨の話しを時々する。
  • 45才・・85%の未婚者が結婚をあきらめる。
  • 50才以上・・よほどの人(お金持ち、人気のある人)以外は、ほぼ結婚は無理。

(下記も参考にして下さい・役立つ無料広告)

④ これから結婚に至る方法、経過

    • 自分で好きな相手が見つけられるまで、努力をしながら待つ。
    • 結婚相談所等に依頼する。(パーティ、お見合い)
    • まわりの仲人さん、世話好きな人にお願いする。
    • 友人、知人に頼む。
    • 無理をしないで人生の流れに任せる。
    • 面倒だし体力、経済的に自信が無いので結婚をあきらめる。

⑤ 今まで経験したお見合いの傾向

    • 若い時は男性が所得も少ないし、もう少しいろいろ遊びとか経験をしたいので男性から断る場合が多い。
    • 33才を越すと大半のケースが女性から断りの連絡が入る。
    • お見合いで相思相愛になり進行しても、お相手の親からいろろな条件で断りの連絡が入る場合がある。

    ⑥ 男性が結婚に消極的・諦めている理由

  • 現在付き合っている女性がいる。
  • 現実的には結婚までは至らない可能性大 現在片思いの女性がいる。
  • 上と同じ(殆ど結婚まではいっていない) 過去の経験から女性不信に陥っている。
  • 昔付き合った彼女にかなり痛い目に・・・?
  • 容姿に自信が無い。
  • 逆に大半の男性は女性が感じるより自信過剰のようである 。
  • 経済的に自信が無い。
  • お子さんが20才になる頃、自分が60歳前後 体力的に自信が無い。(健康、夫婦生活・・)
    ◎ 単純だが、非常に大事で深刻な問題
  • 女性と二人きりでの会話がうまく出来ない。
  • 自分では女性の反応が分からないよう・・
  • 当面の衣食住の不便が少ない。(コンビニ、ネット通販・・)
  • 便利さが結婚に関してはマイナス要因になっている 。
  • 自分の性格に合う女性は少ないと思っている。
  • 自分から合わせて、妥協するという意識が少ない 。
  • 女性(他人)との共同生活に対して面倒がる。
  • ある面で現在の自分の生活のリズムを気に入っている。

★ 上記は女性にも共通する項目があるかと思います。

03/05/19読売新聞から

”結婚しなくても幸せ?” 読売新聞  平成.17年2月25日
※ 日本人総人口の中間の年令は42.9歳

  • 結論として未婚の男女とも恋愛、お見合い結婚に関係な30~35才の間に決まらないと想像以上に厳しい現実。
  • 35才を過ぎて独身の男女は90%の方が一生一人で生きる可能性が強い。
  • お嫁さん、お婿さんが雨や雪のようにそのうち天から降って来るんじゃないかと漠然と待っていては無理。
  • お付き合いを始めて、途中で相手の嫌な点が見えてもある程度の妥協が必要。

*上記②~⑤は私共の独自の経験に基いた統計ですので絶対的ではありません。

人生は、逆戻りが出来ません 人間は誕生していつかは死を迎えますがそれを除けば進学、就職とかよりも、 特に30才からの結婚は最大の決断を要するイベントであります。

結婚 結婚の案内・結婚相談所、パーティ